武蔵家@東京都武蔵野市

東京都

メルマガ到着でコラボやる、武蔵家へ

武蔵家のFacebookにも書かれておりますが
偶然近くにいたらメルマガ到着しまして、

コラボ相手は同じく吉祥寺に店を構える『音麺酒家 楽々』さん。
それぞれ違うメニューを提供するのですが、我々吉祥寺武蔵家は煮干しをた~っぷり使用した
『2148 -niboshiya-』
をお出しします。
特徴はなんといっても物理的にも煮干たっぷりの『焦がし煮干し油』とスープに溶かすことによって煮干し感とコクをプラスできる『煮干しホイップ』!

なんてメールが入ればそりゃもう行くっきゃ無いでしょって事で訪問

早速入店し食券機右下にあった「2148」のボタンをプッシュ
さらにお得なランチセットの食券もプッシュ

店員さんに席を指示され着席。

今回の限定は、麺だけ好みを聞けますとの事で「カタめ」で注文

ランチセットのご飯は、1回のみセルフ盛り
そしてキャベチャーと味付玉子がそろいまして

こちらは、キャベチャーをご飯の上に乗せたキャベチャー丼にて食べても美味い。
というか、お店側がこの食べ方を薦めてましたw

程なくして

具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、煮干、煮干しホイップ

麺は、中太麺

スープは、煮干豚骨醤油

評価は、7点

スープを一口
煮干の風味が強く感じられますが、豚骨スープがマイルド化されて
口当たり煮干からの豚骨マイルド
という流れ

ぶっちゃけますと食べ始めは、何これ?ハズレか?
なんて思ってしまうほどの煮干と豚骨のミスマッチさだったのですが
煮干ホイップを混ぜた部分もありマイルドさが増し
なんだが癖になるスープへと変化

麺は、いつも通りの武蔵家の麺

限定に対応してか、若干長さ短めに感じたのですが・・・どうでしょ?

また、チャーシューがモッチリ系でちょっと柔らかさんなんだけど噛みごたえがある
レア感あるチャーシューで、こちらも煮干に合わせた仕様の様です。

にしても、煮干と豚骨
凪よりはマイルド感ありですが、なんだが不思議な味わいでした。

食べた物:2148 -niboshiya- 800円、ランチセット(17時まで) 150円
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-8-11 弥生ビル1F
最寄り駅:吉祥寺駅
営業時間:11:00-25:30、[日]11:00-24:30
定休日:無

コメント

タイトルとURLをコピーしました