スポンサーリンク

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区

東京都
食べた物:鶏白湯ラーメン 590円
店名:鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店
住所:東京都港区西新橋1-16-2
最寄り駅:内幸町駅 新橋駅
営業時間:11:30~28:00
定休日:無休

新橋に突如として現れた孫作
しかし今は、孫鈴舎となって東京駅近辺へと移転済み

孫鈴舎(マゴリンシャ)@東京都千代田区
食べた物:つけめん中盛 850円 店名:孫鈴舎(マゴリンシャ) HP: 住所:東京都千代田区丸の内1-10-9 最寄り駅:東京駅 二重橋前駅 有楽町駅 営業時間:11:00~23:00(L.O.22:45) 定休日:無休 ...

では、そんな孫作の跡地はどうなっているの?
と気になったので行ってみたら
違うラーメン屋が既に入居済み

その名も、鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店

調べてみたら、とりいちずと同じ系列との事

とりいちず 神田北口店@東京都千代田区
とりいちず 神田北口店へ 「鶏パイタンらーめん500円」という文字を見つけましたが それはどこでやっている??? それらしきビルを3階まで登ると合っていた様です。 早速入店し着席 メニューを見ますと ほぼ50...

とりいちずで、ラーメンは既に食べているんだわさ
でも、鶏そば PAITAN×PAITANは初
と言うことで、早速鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店へ行ってきましたよ。

店頭到着

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 入り口

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店 入り口

そして、店頭にあります食券機前到着

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 食券機

食券機

ここは、同じものなのかも含めて
あえて基本の基、鶏白湯ラーメンの食券を購入し入店し着席
カウンター越しに店員さんへ食券を渡しまして
目の前にあったのが

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 メニュー

メニュー表

ザックリメニュー
当たり前ですが、食券機とほぼ一緒

そんなメニューを見つつ
待つ事5分
鶏白湯ラーメン到着

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 鶏白湯ラーメン

鶏白湯ラーメン

スープは、鶏白湯

麺は、中細麺

具は、刻みムラサキ玉ねぎ、なると、鶏チャーシュー、三つ葉、メンマ

評価は、6点

スープ
口当たり甘めで後味に想定通りの鶏白湯
以前も食べた通りのセントラル感は、溢れ出てます。
なお、とりいちずとの違いは、シャバシャバ感
鶏そば PAITAN×PAITANの方が、シャバシャバ系


ストレート中細麺
プリッとした食感が美味い
柔らかでダラっとした感じかと思えば、麺はしっかりとしたコシがあって美味し


特筆すべきは、黒ばら海苔と鶏白湯ラーメンのタレ(ヒロロ)

黒ばら海苔は、セルフで入れ放題

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 黒ばら海苔

黒ばら海苔

青のりも好きだけど、こういう海苔も好き
ダバっと入れて飲むスープは美味いね
で、そこに味薄く感じる場合に

鶏そば PAITAN×PAITAN 新橋店@東京都港区 鶏白湯ラーメンのタレ(ヒロロ)

鶏白湯ラーメンのタレ(ヒロロ)

タレ入れると味濃い目に出来ます。
油分も多いけど、この味を増せるのは良いね
ちなみにヒロロって何!?

総評
セントラル系だけど、値段が値段だからねって感じ
劇的な美味さは無いけど、コストパフォーマンス考えると
まあ、これはこれって感じでした。

ちなみに食券機見て気になったのが
超濃厚鶏白湯ラーメン
このシャバシャバが、どれだけ濃厚になるのか?

タイミングあったら、また来るべ

コメント

タイトルとURLをコピーしました